【激焦り!!】電池切れスマートキーと爆音防犯アラーム。

年が明け、極寒の東北の地へ帰って参りました、赤レッドです。

愛知県に一時滞在してから宮城県に戻ってくると、風の冷たさをより感じます。本当に寒い。東北の寒さによって、一瞬で身体が冷えきってしまったため、温かいラーメンを求め、車で早速移動を試みた。

目次

  1. 防犯アラーム事件
  2. 原因は、スマートキーの電池切れ
  3. 電池切れでもエンジンってかかるの?-実際にやってみた
  4. そもそもスマートキーの仕組みって?
  5. 感想

爆音防犯アラーム事件。俺の車だよ!!(汗)

駐車場へ到着し、いざ中へ。

しかし、キーが反応せずドアが開かない。

一瞬焦ったが、反応自体は前々から悪く、対処法も知っていた。冷静にスマートキー内にあるアナログキー?を取り出し、車内へ。

が、エンジンが掛からない。

ん?どうしてだ? ブレーキを踏みながら始動ボタンを押すも反応はない。

理由もわからないまま、何度か繰り返すと…

「ピィッ!!ピィッ!!ピィッ!!ピィッ!!ピィッ!!(爆音)」

爆音で防犯アラームが東北に鳴り響く。(大袈裟)

私>「なになになになになに!?!?!?!?!?!やばいやばいやばいやばいやばいって!!」

完全にテンパる。

その後、警察がこの状況を見たら俺は盗難未遂で捕まるんじゃないかと思い(※自分の車です)、猛ダッシュでスペアキーを取りに戻った。逆に怪しい行動してる。。。スペアキーを取りに戻り、無事エンジンが始動できた。

ほんっとに焦った。

原因は、スマートキーの電池切れ

なぜ、こんな事が起きたのか。原因は、スマートキーの「電池切れ」です。

なるほど。反応が悪かったのは、電池が弱かったってことか、納得。

そこで、次に電池交換の方法を調べる。

すると、実は電池交換をせずともエンジンをかけられる方法が存在するとのこと!!

これは、私的世紀の大発見!! その方法が記載されているスズキアリーナの店員さんのブログを貼りますので、お困りの方は、ぜひご一読を!!

スズキアリーナ店員さんによるエンジン始動方法解説

https://www.suzuki.co.jp/dealer/32202951.sekito-suzuki/blog/detail/?id=3178

スズキアリーナ店員さんによる電池交換方法

https://www.suzuki.co.jp/dealer/13120952.suzuki-tokyo/blog/detail/?id=91402

動画でわかりやすくエンジン始動方法の解説を知りたい方はこちら!

自分の車でやってみた!!

ってことで自分の車でも実際にやってみました。肝心な時にできないと困るからね。

今回は、スマートキーの電池切れを想定してエンジンを始動させます。

キーで車のドアを開けた後、いよいよ始動させます!

キタァァァアアアアア!!!!!

感動です。まさかこんな方法で実際にエンジンが掛かるとは。すごい時代やなぁ。

また、私の車の場合ですが、エンジンがかかった後もメーター内のランプが点いたままでした。その場合は、一度エンジンを切り、今度はキーをボタンに長押しでエンジン始動を行うと消えるかもです!(私の場合は消えました。)

なんで、電池がないのにエンジンが掛かるの?

ここでちょっと小話です。

なぜ電池がないのに、エンジンが掛かるのかというと、「電子カード」と同じ仕組みだからだそうです。ん?どゆこと?って思った方、私も最初そう思いました。笑 以下解説していきます。

通勤や通学で使用される方も多い、電車の改札と電子カードを例として考えてみる。

電子カードには、磁気チップが埋め込まれています。改札を抜ける際には、そのカードの磁気チップを改札の機械が読み取ることでカードが有効なものであると認識し、改札を通り抜けられるようになっております。

自動車とスマートキーも同じ関係で、スマートキーの磁気チップを接触した自動車が読み取ることでエンジンが掛かるとのこと!

いやぁ、考えた人ほんま天才やな。

感想

みなさん、いかがでしたでしょうか?

自動車は、私たちの生活に欠かせない大変便利な移動手段であり、その動作装置となるキーも今や便利なスマートキーが当たり前の時代になっております。しかし、私は、スマートキーだけでなく便利なモノを使用する一方で、使えなくなった時の対処法を知らないことが多々あります。もちろん、その度に悩まされております。今回の件を通じて、便利なモノをより便利に使いこなすために、「対処法」を知っておく必要があると学びました。

まぁ何かあった時の保険って考え方は、モノだけじゃなくて様々な分野にも通ずるものがあるよね(^з^)。以上!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

赤レッド

当ブログにお越し頂き、ありがとうございます!! 管理人の赤レッドと申します。転勤で東北地方へやって参りましたので、訪れた観光地・グルメや日々を雑記ベースで紹介して行きます!