家賃・移動費・気分などにTime is moneyの考え方を!!

1、なぜこの記事を選んだか?

「Time is money〜時は金なり」社会人になり早1年。生意気にも時間に対する考え方が変わりつつある今日この頃。変化のキッカケは、スマホでYoutubeマラソンしていた時に「あれ?俺今すっごい時間の無駄遣いしてる!?…」と我に問い出してからだった。時間の使い方を考えようと思い初めました。

最近、私は「近所の割高な駐車場」を借りるか「少し距離のある祖母の家」に停めさせて貰うのか考えていた。結論から言うと、「近所の割高な駐車場」に決めた。そこで、自分の考え方がこの記事と似ているのか、それともまた違った考え方なのかを知りたかったので選んでみました。

2、気付き

この筆者は自分と同じ考えだった。家賃で悩める人は「毎月の家賃」vs.「移動時間(お金換算)」で考えれば良い。自分の年収から時給を計算し、時給×毎日の移動時間×月の出勤日数×と掛け算して移動費を算出。この移動費がいくらになるのか?次に、そのお金の重さはどれくらいの残業代なのか?を見える化すれば時間に対しての見方が分かる。

駐車場を借りる時も交通費だけでなく移動時間もお金で考えて計算した。更には「移動する」ことで産まれる気分とか乗り換えなんかも加味すると尚更近い方が良いという結果になる。Time is moneyの考え方は時間の使い方を考える上でとても有効であると気付けた。

3、まとめ

考え方が定着したら、次に「どう使うか?」こうして産み出した時間を有効に使わなければならない。資格のために勉強することや、本を読む、趣味のために使ってもいい。お金で時間を買い、なおかつ得しているのだから。私は何に使おうか?一先ずは英語に時間を費やそうかな?時間を得た事でいろんな選択肢が増えた。前よりもっと自由に考えて使おう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です