Amazon、家具などの購入の際にAR機能を提供する。

1、なぜこの記事を選んだのか?

最近よく耳にするARという機能。Google MAPでももうすぐ実装し、気になっていた。しかし、私はARについて聞いたことある程度でほぼ全く知らない。「あ〜、ARね。VR的なやつね!!」くらいである。今後、もっとARについて触れる機会が多くなりそうになる気がするため、少し知っておくことは大切だと感じた。また普段利用しているAmazonが実装するということで記事を選んだ。

2、気付き

置きたい場所を自由に設定し、AR機能を用いて大きさを判断することは非常に素晴らしい。家具家電に関しては、聞いたことあるが、様々な商品を扱うAmazonが実装するとなると部屋のレイアウト選択肢は更に広がる。買って失敗!なんてことはもうない。私自身は、実物を見ずに買うことが増えそうだ。衣服も出来るようになるのだろうか?カメラで等身の自分を写し、衣服を選択するとサイズ感もわかるようなAR機能も登場してほしい。いや、もうあるのかな? zozoと提携してこんな使い方もして欲しい。zozoスーツで体型の情報を読み取り、全体が映っている自分の画像?映像?に体型情報を入力。その自分の画像映像に服を着させサイズ感を確認できたら便利だ!更に自撮り動画でそれができたらもっと面白い。友人間で送りつけて合うかも。笑

3、調べてみた

ARについて調べてみた そもそもARとは拡張現実世界のことである。私は簡単に現実世界にデータを表示させるという解釈をした。この記事でああ!と思ったのがポケモンGO。あれもスマートフォンなどのデータ(ポケモン)をスマートフォン上に映る現実世界に登場させている。一方でVRは仮想現実の世界である。ゲームの世界でリアルな体験をするため全くの別物である。(初めて知った笑) この記事では今後のARの展開予想が描かれており非常に面白い!! ワクワクする内容なので是非読んで頂きたい。 (コンタクトレンズにAR機能!?…ニュースも流れて、道案内まで…すっごい…) 本当にすごいな。笑

4、所感

記事を読み、ARについて興味が増したので、もう少し調べてみようと思う。世の中にはどんな使い方があるのかな?今後はどんな使い方が生まれるのかな?近い将来を想像するだけでもワクワクする。自分でもARを用いたものを考えてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です